仕事の形態には常駐型と在宅型がある

エンジニアとして独立し仕事をする場合、契約をして会社に派遣される常駐型と自宅で業務を行う在宅型に大きく分けることができます。

一般的なのは常駐型で、多くがこのケースです。
直接契約して収入が得られるので、手取りが多くなる一方で税金や社会保障も自己で管理する必要があります。
また、継続して仕事があれば、多くの場合で手数料を引いても全体で収入は増えますが、仕事がなくなると無収入になってしまう可能性もあります。

人間関係の煩わしさから独立をしようと思う方もいるでしょうが、日常的な社員同士のコミュニケーションは不要になっても、契約の際には有利な条件になるように交渉をしなければなりません。
営業から実際の作業まで一人でやるようになるので、会社に所属している以上にコミュニケーション能力は必要となります。

最近は在宅で仕事ができる案件も少しずつ増えてきています。
家に仕事を持ち帰るので、受注先から一定の信頼がなければ仕事を受注することができません。
会社にとって仕事を外に持ち出すリスクはありますが、オフィススペースやパソコン等を用意する必要がないので費用負担が少なくて済むというメリットもあります。
リスクをとっても新しいことを試す社風の会社なら許容される可能性が高いので、在宅で仕事をすることを目指している場合は、進歩的な社風の会社での仕事を選んで実績を作っていくと将来の在宅での仕事に繋げられるでしょう。

在宅は本業と副業の両立もしやすく、今後はますます普及していくと予想されます。
早めに独立して在宅ワーカーとしての実績を積めば、先駆者として他のエンジニアよりも有利に仕事ができるかもしれません。